明治明野放課後等デイサービスmeimei 相談支援センターかがやきkagayaki

のホームページへようこそ!

ご相談・お問い合わせは・・・


ごあいさつ

はじめまして、明治明野放課後等デイサービス(めいめいデイ)です。
私たちは子供たちが毎日楽しく、笑顔を絶やさない一日を過ごす為、日々意見交換し支援をさせて頂いています。
めいめいデイでは子供たち一人ひとりにあった支援の方法を考え、できないことを“できない”で終わらせることはなく、
出来るようになる為に色々な方法に挑戦し、子供たち一人一人に合わせた個別や集団療育、今後の社会生活や就労・就職に向けた支援を行っていきます。
ソーシャルスキルトレーニング(SST)ライフスキルトレーニング(日常生活訓練)を中心に子供たち一人ひ一人に合わせた個別や集団良育、今後の社会生活や就労・就職に向けてお子様やご家族に明るい未来を広げるために私たちが出来る最大の支援を提供します!
スタッフ一同、保護者様と共に子供たちの事を考え、子供たちの成長へ関わっていければと思っています。 お子様やご家族に明るい未来を広げるために 私たちが出来る最大の支援を提供します!


施設の紹介

事業所概要について
施設名 明治明野放課後等デイサービス めいじあけのほうかごとうでいさーびす 運営会社 株式会社 LES
事業所番号 4450100856 代表者名 松本 啓利
開所日 平成28年07月22日 定員数 10名
所在地 〒870-0148 大分県大分市高城台22番16号
電話番号 097-578-6090 FAX番号 097-576-8273
営業日・利用日・休所日・臨時休所について
営業日 月曜日から土曜日 窓口受付時間 午前9時から午後5時まで
※営業時間は連絡がとれる時間です。
ご利用できる時間はサービス提供時間となります。
サービス利用日 月曜日から土曜日 サービス利用時間 (学校日)午後1時から午後5時30分
(学校休業日)午前10時から午後4時30分
休業日 日曜日及び12月30日から1月3日まで
臨時休所について ・暴風雪、暴風雨、台風、低気温などの天候の状況により通所が困難と判断された場合。
・災害や建物の修繕、送迎バスの故障の場合など。
・職員研修の場合。
・インフルエンザなどの感染症の流行に対し、感染予防策を取らなければならない場合。
 ※ご家族が罹った場合も連絡をお願いします。
・諸事情により開所が困難となった場合。

ご利用について

利用対象者について 放課後等デイサービスの受給者証をお持ちの小中高生の方
※受給者証をお持ちでない方はご相談ください。
送迎のご利用について ・ご希望の方は送迎(有料)を利用できます。
・送迎サービスは学校または自宅から明明デイ、明明デイから自宅までとなります。なお、自宅以外の契約が必要な場合は、あらかじめ相談支援事業所までご相談ください。
・送迎車の運行時間は最長1時間程度を目安としています。
 ※車酔いのある方は、ご家族でのお迎えをお願い致します。
・送迎は運行表に基づき送迎いたします。送迎先および送迎時間の変更は原則お受けできません。
 (下校時間が早まった場合や遅れる場合はご連絡ください。)
 ご自宅への送り時間については、送迎予定表をお渡し致します。
・学校お迎え時は、指定の場所で送迎車到着までお待ち頂きます。尚、防犯上教室や育成クラブ等、建物内のお迎えは致しかねます。
・諸事情により送迎予定時間が変更となる場合がありますのでご了承下さい。
・諸事情により送迎方法の相談をさせていただく場合があります。
・ご利用の皆様が送迎途中で健康状態に急変が生じた場合は、救急マニュアルに沿って対応致します。
・万一交通事故が発生した時は、交通事故発生時のマニュアルに沿って対応いたします。
・お迎え時は、近隣の方のご迷惑にならないように、短時間での送迎をお願いします。また、お子様が飛び出さないように配慮願います。
・お送り時、ご自宅に送る際、ご家族様以外の方に引き渡す場合は、前もってご連絡を頂きますようお願い致します。
送迎場所について 迎え:大分市内(事業所より片道20分以内)へのお迎えを中心におこなっています。
送り:大分市内(事業所より片道20分以内)のご自宅へのお送りを中心に行っています。
送迎料金について 送迎ご利用の場合は、別途送迎料金が発生致します。
送迎についての注意事項 以下のことがお約束できない場合は、送迎をご遠慮いただく場合がございますので、あらかじめご了承お願いいたします。
・お子さま一人で車に乗っても大きな問題がないこと
・送迎時間にご家族又は後見人がご在宅で、お子さまの受け渡しができること
・送迎時間の多少の変更に問題がないこと

ご利用までの流れ

1.お問い合わせ

まずはお気軽にお電話、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。 見学日の日程を調整させていただきます。

2.見学・面談

施設のご案内やプログラム、一日の流れ等の説明をさせていただきます。 お子さまの状態や、ご本人・ご家族が考える課題や目標等のご要望をお聞かせください。

3.お住まいの市町村へ申請

各市町村に放課後等デイサービスの支給申請を行い、通所給付決定を受けてください。
※ 各市町村にて受給者証(通所受給者証)が発行されます。

4.ご契約

印鑑、療育手帳、通所受給者証をお持ちください。

5.支援計画の作成

ご利用開始にあたって、お子さま「一人ひとり」に応じた個別支援計画を作成します。

6.ご利用開始

スタッフ一同楽しみにしてお待ちしています。


めいめいデイの特徴

  • さまざまな資格保持者が在籍!

    当事業所には、保育士、特別支援学校経験者(教員免許保持者)、放課後等デイサービス従事経験者(児童指導員)、介護福祉士、強度行動障害支援者養成研修修了者など様々な資格のスタッフが在籍しています。お子様の障がいの特性に応じた支援を行うことが可能です。

  • 「できない」を「できる」ように支援します!

    できない理由を探して「できない」とあきらめ、ただ支援するのではなく、
    できるようになる為の方法をご家族・職員・関係機関で情報共有しながら考えていくことで、子供たち1人ひとりに合わせた個別や集団療育、今後の社会生活や就労・就職に向けた支援を行っていきます。

  • 学校休業日にあわせたイベント行事の積極的な取り組み!(社会見学・体験学習等への参加)

    学校休業日は普段の生活では体験できないような感覚を養える体験をしてもらうよう様々なイベントを実施しております。何をしたいか?どこに行きたいか?子供たちとの会話を元にソーシャルスキルを高めるイベント等を開催しています!


  • 毎日笑顔で過ごせます!

    「明日も明後日もめいめいデイに行く!」とお子さまに言ってもらえるよう、楽しく笑顔あふれる毎日を過ごせるような支援をおこないます。


めいめいデイが大切にしていること

  • 1.子供たちが楽しく笑顔で過ごす事のできる空間をつくる事
  • 2.子供たち1人ひとりの笑顔の為に積極的な取り組みを考える事
  • 3.ご家族の方の方針や考えをできるだけかたちにして支援していく事
  • 4.指導員1人ひとりが子供たちの可能性を見つけ、出来るようになる為の支援をする事

サービスの内容

健康管理

来所後、健康チェックを行います。(顔色観察・聞き取り・体温測定) 発熱や体調不良の訴えがあった場合は、ご家族様のお迎えをお願いしております。 ただし、緊急性があり、ご家族様のお迎えまで待てない状況の場合は、かかりつけ医または当事業所の協力病院、救急病院へ直接受診させて頂く場合がございます。 その場合、ご家族様は病院までお迎えをお願い致します。

学習

明明デイでは、学習は時間を定めて習慣化することで、自主的に取り組んでいくよう明明デイでは自習学習の環境作りに努めています。 宿題の取り組みについては、お子さまの心のバランスの波長を見ながら慎重に支援させて頂きます。 さらに家事(調理・洗濯・掃除など)も学習活動の一環として指導しております。

ソーシャルスキルトレーニング(SST)

社会生活や対人関係を営んでいくために必要とされるスキルを、具体的に「やり方」や「コツ」として教えることで、子どもたちの生活をより豊かになるように支援していきます。めいめいデイでは、学年別に3つのクラスに分けてソーシャルスキルトレーニングを行います。週4日は、クラスによる小グループ活動を行い、週2日はすべてのクラスが一緒に行う交流活動となります。

ライフスキルトレーニング(日常生活訓練)

不特定多数の人からなる一般社会の中で、適切な対人関係、社会参加、自己確立、自立を達成するために必要となるスキルを習得し発揮できることを目的としたトレーニングを行います。小学校高学年〜高校生向けに様々な場面での対応・対処方法を学びます。

余暇活動・課題活動

余暇時間:プラレールやトミカを始め、多数の知育おもちゃを準備しております。「貸して」「いいよ」「一緒に遊ぼ」「うん。遊ぼう」「これで遊ぶ?」「ありがとう」など、相手の思いやりもできることで“ただの遊び”が、お子さまのスキルを向上させることもあります。おもちゃ遊びだけでなく、お絵かき・工作・本読み・トランプ遊びの室内での余暇活動から、公園や広場での運動(体幹づくり)、学校行事(運動会・なわとび大会等)にあわせた運動指導を行い充実した時間を過ごしていただけます。


ご相談・お問い合わせは・・・


アクセス


ご相談・お問い合わせは・・・


ごあいさつ

障がいのある人もない人も 安心して暮らすために必要な支援およびサービスを、ご本人・ご家族ならびに地域の方々や関係機関・行政とともに考え、作り上げていきたいと思っています。 現在の生活において困っていることや将来について不安なこと、進学・就職などで心配なこと、仕事や学校などの悩みがある、または将来に向けてなにかにチャレンジしてみたい、頑張ってみたい、やりたいことができた、など、どんな内容でもしっかりお聞きします。お気軽にご相談ください。 きっと新たな一歩につながるきっかけになるはずです。


施設の紹介

事業所概要について
施設名 相談支援センターかがやき 運営会社 株式会社 LES
開所日 平成30年11月15日 代表者名 松本 啓利
所在地 〒870-0917 大分市高松1丁目7番8号  サンメゾン高城605号
電話番号 097-576-8272 FAX番号 097-576-8273
障害者計画相談支援 障害児計画相談支援
事業所番号 4430104598 事業所番号 4470101231
営業日 月曜日から金曜日(国民の祝日・12月29日から1月3日までを除く)
営業時間 午後5時から午後8時
休業日 土曜日、日曜日、国民の祝日、盆(8月13日から8月15日)、年末年始(12月29日から1月3日)
臨時休業について ・暴風雪、暴風雨、台風、低気温などの天候の状況により職員の移動が困難と判断された場合。
・災害や建物の修繕、車両故障の場合など。
・職員研修の場合。
・インフルエンザなどの感染症の流行に対し、感染予防策を取らなければならない場合。
・諸事情により営業が困難となった場合。

  • サービス内容

    障がいのある方やそのご家族等からの様々な相談に応じます。障がいのある方の自立と社会参加の促進を図ることを目的として、面接・訪問等の支援及び関係機関等との調整を行います。
    〈内容〉
    ・生活に関する相談
    ・サービス等利用計画の作成
    ・福祉サービスの利用相談
    ・権利を守る相談
    ・障がい特性に応じた相談等


サービス利用支援

サービス利用支援について

障がい福祉サービスの利用申請時の「サービス等利用計画案」の作成、サービス支給 決定後の連絡調整、「サービス等利用計画」の作成を行います。
このサービスでは、障がいのある方の意思や人格を尊重し、常にご利用者様の立場で考え、 障がいのある方が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう支援します。

ご利用になれる方(対象者)

障害福祉サービスの申請もしくは変更の申請に係わる障害者もしくは障害児の保護者又は地域相談支援の申請に係わる障害者・指定特定相談支援事業者が提供したサービス利用支援により「サービス等利用計画」が作成された支給決定障害者等又は地域相談支援給付決定障害者

サービス内容

・障がいのある方の心身の状況、置かれている環境、障がい福祉サービスの利用に関する意向、その他の事情を勘案し、利用するサービスの種類や内容を記載した「サービス等利用計画案」の作成
・支給決定後の障がい福祉サービス事業者等との連絡調整
・支給決定されたサービスの種類や内容、担当者等を記載した「サービス等利用計画」の作成

継続サービス利用支援

継続サービス利用支援について

作成された「サービス等利用計画」が適切かどうかモニタリング(効果の分析や評価)し、必要に応じて見直しを行います。 このサービスでは、サービス利用支援と同様、障がいのある方の意思や人格を尊重し、常にご利用者様の立場で考え、障がいのある方が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう支援します。

ご利用になれる方(対象者)

指定特定相談支援事業者が提供したサービス利用支援により「サービス等利用計画」が 作成された支給決定障がい者等または地域相談支援給付決定障がい者。
※指定特定相談支援事業者以外の者がサービス等利用計画案を作成した場合については 継続サービス利用支援の対象外となります。

サービス内容

・「サービス等利用計画」の利用状況の検証(モニタリング)
・「サービス等利用計画」の変更および関係者との連絡調整
・新たな支給決定が必要な場合の申請の勧奨


支給決定・サービス利用までの流れ

1.相談・申請

市町村の障がい福祉担当や相談支援事業者に相談します。
サービスの利用を希望する場合は、市町村の障害福祉担当窓口に申請します。

2.認定調査

重度の肢体不自由の方に、自宅での入浴・排泄・食事の介助等のほか、外出の際の移動中の介護など総合的な介護が受けられます。

3.一次判定・医師意見書

一次判定:認定調査の結果に基づき、コンピューター判定が行われます。
医師意見書:かかりつけ医に申請者の心身の状態、特別な医療などの意見を求めます (市町村が依頼します)。

4.二次判定

一次判定結果、概況調査、医師意見書などを踏まえ、市町村審査会で二次判定を行います。

5.認定・結果通知

二次判定の結果に基づき、非該当、区分1から区分6の認定が行われます。

6.サービス利用意向の聴取、サービスなど利用計画案の提出

市町村から計画案の提出が求められている場合は提出します。 サービス等利用計画案は当事業所で作成しますが、申請者ご自身による作成も可能です。

7.支給決定

市区町村では障がい支援区分やご本人様・ご家族様の状況、利用意向、サービス等利用計画案 などを踏まえてサービスの支給量などを決定し、申請者に通知します。

8.サービス等利用計画の作成

 決定した内容に基づき、サービス等利用計画を当事業所で作成します。申請者自身による 作成も可能です。

9.サービスの利用開始

申請者は、サービス提供事業所と契約を結び、サービスの利用を開始します。 サービスの量や内容等については、利用開始後も一定期間ごとに確認を行い、必要に応じて 見直しを行います。

※同行援護、訓練など給付(自立訓練、就労移行支援、就労継続支援、共同生活援助)、 地域相談給付の利用を希望する場合は、手続きのながれが異なります。詳しくは市区町村の担当窓口にお問い合わせください。


ご相談・お問い合わせは・・・


アクセス